カテゴリ一覧

HOME>特集>免疫細胞療法の治療過程を詳しく解説【体の免疫を利用】

免疫細胞療法の治療過程を詳しく解説【体の免疫を利用】

婦人

体の細胞は突然がん化することがある

がんの存在を知らない人はいないでしょうが、殆どの人が自分には関係ないと考えている事でしょう。しかし、どんなに健康な人であっても、体内では1日に数千個ものがん細胞が作られているのです。特に若い人は、細胞のサイクルが早いため、がん細胞が発生する確率も自ずと高くなってしまいます。ですが、こんなにも毎日がん細胞が作られていても、元気に暮らして行けるのは何故でしょうか。実は、がん細胞が悪さをする前に免疫力によって排除しているため、頻繁に発症する事はありません。この免疫力の正体は、白血球を中心とした血液細胞たちです。彼らは常に体の中をパトロールしながら、害となる細胞やウイルスがいないかをチェックしています。今、この免疫力を利用した免疫細胞療法という治療法が広まっています。

ハート

免疫力を発揮する細胞を刺激する治療法

免疫細胞療法は、人間が元から持っている免疫力を利用して、病気の原因物質を退けようとする比較的新しい治療法です。代表的なものではNK細胞を使った治療法があります。NK細胞は採血によって取り出す事が可能なので、普段は体内を巡って活動しているNK細胞を取り出し、手を加えて活性化させた後に体内へと戻します。すると、戻されたNK細胞はがん細胞を減らそうと、手を加える前よりも活発に働いてくれるのです。特に、病気初期のまだ体力と免疫力が充実している段階で治療を始めると、より高い効果が見込めます。また、ネガティブな感情は免疫力を低下させる可能性があるため、免疫細胞療法を行なっている時は、できるだけ明るく過ごす事が大切です。