身体の機能を回復させる〜有効成分がたっぷり〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

重要な機能を担う

肝臓の機能は人が生きていく中でとても重要です。

肝臓には代謝機能、解毒作用、消化という働きがあります。ここで挙げる代謝機能とは、栄養分を合成することにより身体が利用できる形に作り変える為に栄養分を合成・分解する機能です。解毒作用は体内に送り込まれた有害物質を無毒化する作用です。また、肝臓は胆汁を生成し脂肪の消化を助ける働きがあります。 何らかの異常によって障害を受け肝臓が上手く機能しない状態を肝機能障害といいます。肝機能障害にはC型肝炎などのウイルスが原因となる場合も多いですが、不規則な日常生活が肝臓に影響を及ぼすこともあります。過剰なアルコールの摂取、高たんぱく・高脂肪の食べ物の過剰摂取、運動不足、ストレスなどです。薬の常用も体にとって有害と判断された部分は体外に排出しようと解毒作用が働く為、肝臓に負担がかかります。

肝機能障害を防ぐには規則正しい生活習慣を心がけることが大事です。

肝機能障害を防ぐためには生活習慣を整える必要があります。暴飲・暴食を止め、バランスのとれた食事をとりストレスの解消に努めることが大切です。肝臓に良いとされている食事にはいくつか特徴があります。高タンパク質である、カロリーが適正なものである、脂質や糖分を適度に含んでいる、ビタミンが豊富に含まれているといったものです。高たんぱく・高脂質の過剰摂取はいけませんが、適度にとらないとエネルギー不足になる為、体の機能自体が衰えてしまいます。また、ウイルス性の肝機能障害の場合はタンパク質、糖質、ビタミンが機能の修復を手伝ってくれます。肝炎になった場合、体内でビタミンを生成することが難しくなる為、ビタミン摂取は必要なものになります。このように、日頃から規則正しい生活習慣を心がけ、必要な栄養を摂取することで肝機能障害の予防にも繋がります。